エリア

パソコンに座って

パソコンに座って

(公開: 2014年9月 1日 (月)

ディスプレイの前に座って、いつも上下動しているマーケットを目を向けていると、どことなく注文をするという抑えようの無い感情が沸き起こる方も多いと思います。

だけど、不確かな思いつきで売買することだけは、間違ってもしてはいけませんご存知の通り、マーケットは昼夜を問わず常時どこかの外国為替相場はやっているし為替相場も休みなく変動している。

 

そうであっても、何回もトレードを重ねているとそれだけで損をするリスクが上がります。

 

もちろん、売買の回数を積み重ねる事でじょじょに稼げる確率か五分五分になります。

 

しかしその事実は「はっきりしない勘で取引」とは別の話だ。

 

売り買いの回数を重ねるという意味は、自ずから「ここは!」と感じた機会を得た場面での取引回数を積むという事です。

 

ただ、休む間もなく注文を重ねるのとは違う。

 

市場の戦いに敗北しないためには、白分で考えて緩急をつけることこそが肝心です。

 

「ここはいける」と思えた為替相場の時には、いっそポジションを買い増して、集中して利益を求めます。

 

「明らかに悩ましい相場で、どう推移するのか理解できないな」と感じたならば潔く売買ポジションを全部見切りをつけて何もしません。

 

これぐらいの緩急をつけた方が最終的にはエントリーは勝利します。

 

外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがあります。

 

文字通り言葉どおりだと感じます。

 

為替取引とはいかなる時でも売買ポジションを所有する事が重要ではなく、売買ポジションを保有せず何もしないことも時にはFXです。

 

それでは、どういう時に休むといいのでしょうか。

 

最初に言われるのが先述した通り、現在のマーケットがはっきりと理解できない時です。

 

高くなるのか安くなるのか明確でない時は、考え無しで行動すると、自ら考えたストーリーとは反対の方向にマーケットが変動してしまい損する事になってしまいます。

 

そういう場合はポジションを整理して、そのままの状態で見ているだけが良い方法です。

 

ふたつめは、自身の体の状態がよくない時です。

 

体の具合とマーケットに何の影響も与えないと感じる方もいるだろうが。

 

実は影響を与えます。

 

体の具合があまりよくなければ相場の判断しなければいけない場面で正しい決定をする事が出来ない場合が多くなります。

 

気分が乗らない時は、トレードから目をそらす事も肝心な事です。

 


逆のポジション

逆のポジション

(公開: 2014年9月 1日 (月)

普通の経験の浅い方向けのFX投資の情報では、「損が生まれた場合はナンピンを入れることによってポジション全体の買い付け価格をコントロールする」等アドバイスしていたりしますが、それは相当の引っ掛けがある。

 

ナンピンの理屈に関して説明しておきます。

 

仮に1ドル100円でドルを買ったとする。

 

$(ドル)買いですから、円安ドル高に向うほど黒字が出るわけだが思っていたのとは逆に1ドル95円まで円高方向に進んだとします。

 

このままの場合維持し続けたとしたらマイナスをなくすためには、損した分、円安ドル高に動かなければなりません。

 

誰もが、損は可能な限り早くリカバリしたいと願うでしょう。

 

この状況を変えるため最初に買ったのと同じ分の$を1ドル=95円でエントリーします。

 

それで、平均のコストは97円50銭まで引き下げることができます。

 

すなわち、半分の幅で円安ドル高が進行すれば、マイナスを回復できる。

 

この流れがナンピン買いのやり方です。

 

このように、ナンピン買いの原理を理解すると、「納得だ」と考えたりするが、市場はそう簡単に問屋を卸しません。

 

最初から、1ドル95円以下にならないとは、分かるわけがありません。

 

仮に、為替相場が相当の円高基調だったら1ドル95円では下げ止まらずに、さらに一層ドル安に向うリスクがある。

 

仮に、1ドル97.50円でナンピンをしたにもかかわらず、1ドル95円までドル安が速んだらナンピン買いを入れたポジションもマイナスが生じることになってしまうのである。

 

こういう状況では一番初めに売買したドルと合計で二重の差損を被ることになります。

 

それほど、ナンピン買いは難しいです。

 

それでは、市場が台本とは反対にみるみる進んだ場合、どのような方法で危機を軽減すればいいのだろうか。

 

こういう状態で取るべき選択肢は2つしかありません。

 

ひとつめは覚悟を決めてポジションを諦める事です。

 

もうひとりはその段階で、自分自身が所有しているポジションを縮小することによって、再度為替が元のようになるのを動かないで待つ事です。

 

かなり弱腰の対策だとおっしゃる方もいるだろう。

 

だが、自分が保持しているポジションに損失が生じた時、一番リスクが低い手法はこの2つ以外にはありえません。

 

理屈の上ではナンピンという方法もありえます。

 

だけどナンピン買いは、損をしているのにポジションを減らすどころか逆にポジションを買い増していく手法です。

 

この考え方では、危険性を避けることなどどう頑張っても無謀だと考えたほうがいいです。

 

ナンピン買いをし続ければいつかは損失が回復するかもしれません。

 

けれども、それより前にお金がショートしてしまうだろう。