出来事

大切な地域について

大切な地域について

(公開: 2014年8月28日 (木)

FX投資の経験がない方が為替相場の勘所を探すためには、まず最初に取引経験を積み重ねることが必要です。

未然に危機を予期するようになるようになるにはポカを積み上げることも大事です。

 

ただし、負けたといっても命取りとなるほど致命的な間違いをしてはいけません。

 

取り戻せるほどの間違いを何度も体験することが自分自身の場数を増やす事が出来ます。

 

そう考えると初めは小さな額で売買を行い数度小さな損をすることが重要です。

 

たとえば、100万円だけしか投資できない状況で、よく考えずに一銭も残さないで投資して売り買いすると間違えた時、二度と立ち直れなくなってしまう怖さがあります。

 

それならば、仮に1割ずつ小分けしてエントリーしてそれで買ったり負けたりを積んだ方が所徐に負けを補う方策なども身についていくはずである。

 

最初に少額でトレードする事の利点は、先ほど書いたように、自身の経験値を高め間違いをコントロールする技術を学んでいく事にありますがそれと合わせて、注文の回数を増やすことによって偶然を減らせるという利点もあります。

 

1回限りの取引で儲けられる可能性が二分の一だとします。

 

同じ条件で損する危険性もあります。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の割合で勝利できる事を表現しています。

 

ですが、全財産を注ぎ込んで勝負をするということは明確な勝ちか、負けのどちらかだけになってしまいます。

 

それは丁半バクチと同じです。

 

結局のところ、全ての財産を賭けて1回こっきりの取引をしないと損する確率が高くなってしまいます。

 

それだけに、お金を全部投入するのではなく、いくつかに分けて、投資回数を多くすることがリスク分散となります。

 

ただ何回かに分けたとしても、全てのトレードで利益を出す事は必須ではありません。

 

勝利する事が出来ないのが実際のところです。

 

勝負で大切なのは、勝つ確率ではなく、いかにプラスに出来るかです。

 

勝率が2分の1でもたとえ5割以下でもプラスにする事は出来ます。

 

負ける確率が高くてもその収益が少なければ少ない勝ちの儲けだけで相当利益を上げる事が出来ます。

 

そのために不可欠な事は、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を心がけることだ。

 

マイナスになったらすぐさまロスカット注文してそれとは反対に勝った状況では出来るだけ大きく利益を上げることが外国為替証拠金取引をはじめたばかりの方が為替で勝つための手段です。