パソコンに座って

ディスプレイの前に座って、いつも上下動しているマーケットを目を向けていると、どことなく注文をするという抑えようの無い感情が沸き起こる方も多いと思います。

だけど、不確かな思いつきで売買することだけは、間違ってもしてはいけませんご存知の通り、マーケットは昼夜を問わず常時どこかの外国為替相場はやっているし為替相場も休みなく変動している。

 

そうであっても、何回もトレードを重ねているとそれだけで損をするリスクが上がります。

 

もちろん、売買の回数を積み重ねる事でじょじょに稼げる確率か五分五分になります。

 

しかしその事実は「はっきりしない勘で取引」とは別の話だ。

 

売り買いの回数を重ねるという意味は、自ずから「ここは!」と感じた機会を得た場面での取引回数を積むという事です。

 

ただ、休む間もなく注文を重ねるのとは違う。

 

市場の戦いに敗北しないためには、白分で考えて緩急をつけることこそが肝心です。

 

「ここはいける」と思えた為替相場の時には、いっそポジションを買い増して、集中して利益を求めます。

 

「明らかに悩ましい相場で、どう推移するのか理解できないな」と感じたならば潔く売買ポジションを全部見切りをつけて何もしません。

 

これぐらいの緩急をつけた方が最終的にはエントリーは勝利します。

 

外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがあります。

 

文字通り言葉どおりだと感じます。

 

為替取引とはいかなる時でも売買ポジションを所有する事が重要ではなく、売買ポジションを保有せず何もしないことも時にはFXです。

 

それでは、どういう時に休むといいのでしょうか。

 

最初に言われるのが先述した通り、現在のマーケットがはっきりと理解できない時です。

 

高くなるのか安くなるのか明確でない時は、考え無しで行動すると、自ら考えたストーリーとは反対の方向にマーケットが変動してしまい損する事になってしまいます。

 

そういう場合はポジションを整理して、そのままの状態で見ているだけが良い方法です。

 

ふたつめは、自身の体の状態がよくない時です。

 

体の具合とマーケットに何の影響も与えないと感じる方もいるだろうが。

 

実は影響を与えます。

 

体の具合があまりよくなければ相場の判断しなければいけない場面で正しい決定をする事が出来ない場合が多くなります。

 

気分が乗らない時は、トレードから目をそらす事も肝心な事です。

 

次の記事も読んでね!!

  1. パソコンに座って
  2. 逆のポジション